ボルネオの生物多様性保全、自然環境保護の活動を通じて、人と動物が共に生きることのできる未来をつくる

ボルネオの動物たち

ボルネオに住む不思議な動物たち

ボルネオ島は地球上でも有数の生物多様性が高い場所で、希少種や固有種を含む多種多様な生物が暮らしています。ここではボルネオを代表的する動物たちを紹介します。

ボルネオオランウータン

マレー語で「森(ウータン)の人(オラン)」という意味のオランウータン。生活のほとんどを高い樹の上で過ごし、林冠部に木の枝や葉でベッドをつくって寝ます。ベッドは毎日のように作り変えます。

主食は果実、木の葉、樹皮のような植物ですが、昆虫を食べることもあります。大人のオランウータンのオスは顔の横にフランジと呼ばれるほほ袋が発達し、体も大きくなるためにいかつい感じがします。

生息地と生息数
現在、オランウータンはボルネオ島とスマトラ島にしか生息していません。スマトラオランウータンが7000頭、ボルネオオランウータンは41000頭と推定されています(2004 Orang-Utan PHVA)。過去100年間で生息数は90%減ったといわれ、絶滅危惧種としてレッドリストに登録されています。

他の類人猿と違い群れを作らずに生活しますが、母親は子どもが5~7歳になるまでつきっきりで子育てをします。出産は1回1人で出産間隔も長いため、個体数の減少が進むと歯止めをかけるのがとても難しいです。

ボルネオゾウ

ボルネオゾウは体が小さい、尾が長い、頭より肩が高いといった独特の特徴があります。ルーツもはっきりしておらず、もともとこの土地にいた、大陸が繋がっている時に渡ってきた、ジャワの王様からボルネオ島に贈られたなどさまざまな説があります。ジャワゾウだとすると、絶滅したジャワゾウの子孫ということになります。

ボルネオ島の北東部に生息
ボルネオゾウは島の北東部に2000頭ほどいると推定されています。草や木の葉、木の実を食べ、群で移動しながら生活しています。エサを求め、キナバタンガン川に沿って群れで移動しながら生活するゾウたちは川を泳ぐこともしばしば。エコツアーではそんな場面に遭遇することもあります。

プランテーションに入って「害獣」扱い
キナバタンガン川流域はアブラヤシプランテーションの乱開発により熱帯雨林はわずかしか残っていません。そのため、ゾウがプランテーションに迷い込みアブラヤシの葉や幹を食べてしまう事件が後を絶ちません。

プランテーションで働く人にとっては、ゾウは大きな被害をもたらす害獣です。ですがゾウは昔も今も「川沿いを群れで移動しながら生活している」だけ。環境を変えてしまったのは人間なのです。

テングザル

ボルネオの固有種で、水辺の林やマングローブに群れで生活しています。オス1頭に複数のメスが集まってハーレムを作りますが、家族や親戚が集まっているわけでもないようで、複数の群れを自由に行き来するテングザルもいます。中にはオスだけの群れもあります。

鼻が大きく泳ぎが得意
オスは大人になるととても大きく垂れ下がった鼻を持ちます。長生きすればするほど、大きく立派な鼻になります。鼻が大きい方がメスにモテる、という説もあります。普段は樹上生活ですが泳ぎがとても上手く、細い川なら自分から飛び込み、泳いで渡ります。

独特の反芻行動
テングザルは争いを好まない優しいサルです。他のサルたちと食べ物を争わないようにしていたら、いつの間にか他のサルが食べないような植物を食べるように植物、種、果実などを食べるように進化しました。お腹がポッコリと膨らんでいますが、これは食べた葉を消化する胃が大きいためです。また霊長類としては唯一、牛のように一度食べたものを口の中に吐き戻して食べる「反芻行動」が観察されています。

絶滅危惧に指定
テングザルもボルネオに棲む他の動物と同じように、森林の伐採や開発、エビ養殖場の拡大によるマングローブ林の減少によって生息数は激減しており、絶滅危惧種に指定されています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

緑の回廊プロジェクト
寄付金現在額(2017.1)

寄付金総収入:76,746,673 円
土地獲得支出:66,569,314 円
土地獲得資金:10,177,359 円

恩返しプロジェクト
寄付金現在額(2016.9)

総収入:77,155,092 円
総支出:70,383,985 円
残資金:  6,771,107 円

この事業は「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」が推奨する事業として認定を受けています。