イベント

8/11 ミュージカル ゾウの森とポテトチップス


2018年8/11(土)に、大阪市鶴見区の咲くやこの花館で、劇団シンデレラによるボルネオの熱帯雨林をテーマにしたファミリーミュージカルの公演があります。原作者の横塚眞己人理事による絵本の朗読を行います。ふるってご参加ください!

日時

2018年8月11日(土)
昼公演 14:00~15:00(通常開館時間 10:00~17:00)
夜公演 18:00~19:00(特別夜間開館 17:30~ 植物ナイトツアーは19:10~予定)
*30分前から先着順

会場

Osaka Metro長堀鶴見緑地線 「鶴見緑地駅」より徒歩約10分鶴見緑地公園内
大阪市鶴見区緑地公園2-163 咲くやこの花館 1Fフラワーホール [地図]

入場料

無料 *咲くやこの花館への入館料は別途必要です

入館料
・大人500円
・中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明(生徒手帳、健康手帳、敬老優待乗車証等の原本等)

お問い合わせ

咲くやこの花館 tel:06-6912-0055

劇団シンデレラ

「夢と希望と冒険」をテーマに、ファミリーで楽しめるオリジナルミュージカルを上演。1997年頃より北海道知床の自然保護活動をきっかけに「夢と希望と冒険」に「自然を守る」というテーマが加わり、2011年6月からはラムサールセンターを中心になって行う「ESDのためのKODOMOラムサール活動」に協力。「ESD(Education for Sustainable Development = 持続可能な開発のための教育)の重要性を市民や子どもたちに伝えています。5歳~60代と幅広い年齢層の団員約25名で活動中。
 

横塚眞己人

1957年神奈川県横浜市生まれ。日本写真家協会会員。 認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事。1985年から1994年まで沖縄県の西表島に住み、イリオモテヤマネコをメインに、「命のつながり」をテーマとした撮影を行う。1996年から活動を海外に移し、ボルネオ島、コスタリカ、マダガスカル島などで熱帯雨林やマングローブ、人々の暮らし、環境問題など幅広く撮影。主な著書に写真絵本『さがりばな』(講談社)、『象のわたる川』(岩崎書店)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)、『熱帯雨林のコレクション』(フレーベル館)、『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)など。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*