多摩動物公園が発行している、素敵なイラストと詳しい説明文でこれを読めば動物園に行くのが何倍も楽しくなるガイドブックのアジア熱帯バーションにボルネオオランウータンのページがあります。

ガイドブックでは、多摩動物公園の施設内で動き回るオランウータンの仕草や行動を説明しながら、「オランウータンはこんな動物ですよ」と説明しています。

そして最後のページに「森林の破壊」いうタイトルのミニコラムが。そこにはアブラヤシのプランテーション開発によってオランウータンの生息域が減っていること、パーム油は食品や化粧品に使われ、日本人も年間4kgのパーム油を食べていることが記載されています。

動物園には動物好き、自然好きの方が集まります。そういった方々が動物たちの故郷の危機を知り、それがやがて行動につながってくれると嬉しいです。