8月26日(土)に大阪市で旭山動物園の佐賀真一氏を招いて講演会を開催します。講演会では、旭山動物園における地域小学等などへ実践している環境教育の取り組み、連携授業の事例などをたっぷりとお話しします。

動物園との連携を考えていらっしゃる教員の方、旭山動物園、環境や教育にご興味・ご関心のある方、ぜひご参加ください。また、BCTJの環境教育実践や学校現場での取り組みについての報告、ワークショップも行います。

タイトル

未来へつなぐ環境教育「ヒトと動物との架け橋を目指して」

日時 場所

2017年8月26日(土) 14:30 – 17:30 (開場14:00) 大阪府大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル [地図]

定員 参加費

60名(先着順) 一般1,000円 会員・学生500円 *学生証をご提示ください。

申し込み方法

参加申し込みフォームでお申し込みください。

佐賀_真一氏
旭川市旭山動物園 飼育スタッフ 教育活動・こども牧場担当

1980年旭川市生まれ。2005年北海道教育大学大学院旭川校を卒業。2005年~2009年旭川市旭山動物園で飼育展示係臨時職員として勤務。2009年から正職員として現職。

旭山動物園では、旭川市内の学校との連携やシンポジウム・イベントを通じ、野生動物の保全・共存を伝えていく活動に取り組んでいる。また、骨格標本の製作と展示し、動物を見る新たな視点を伝えている。2009年ボルネオ島を初めて訪問。ボルネオの現状を知り、ボルネオオランウータンやボルネオゾウの未来につなぐため、「子どもたちが今の自分ができること」をテーマに持続可能な環境教育を実践している。

お問い合わせ

Tel:_03-3471-4966 e-mail:_info@bctj.jp