以前にスイスの高校生が緑の回廊の支援活動をはじめましたとお伝えしたジュネーヴ・インターナショナル・スクールに通う國井梨早さんがチャリティコンサートを開始し、その様子を伝えてくださいました。

After careful planning for a year, Sébastien Samara-Milthorp and I were able to organize a charity concert at our school; the International School of Geneva, Campus des Nations. This concert took place on November 2nd, 2017 from 17:00 to 18:30. 11 performances took place; Classical Indian dance, piano, singing, hip-hop dance, guitar, flute & piano duet, as well as a band performance.

During the stages, we put a slideshow with pictures of Bornean wildlife (around the Kinabatangan River) in the background including Borneo Pygmy Elephants, Proboscis Monkeys, Rhinoceros Hornbill, Kingfisher, etc.

From 15:40 until 18:30 we sold food and drinks that were all donated by students at our school. In addition, a rice company called Yuki Corporation sponsored us by donating 80 packs of sushi along with 41 pieces of onigiri. In total, we were able to raise 1029.10 CHF solely from the event:

– Tickets: 284 CHF
– Sushi: 339 CHF
– Donations: 103.30 CHF
– Food+Drinks: 302.80 CHF

We sold one ticket which came with a free can badge of their choice for 5 CHF. Approximately 50 people including teachers, students, and parents came to support the project and the performers.

Although we encountered some challenges throughout the process of organizing the concert, I was able to develop my time management, organization, and communication skills. This whole concert would not have been possible without all the 15 volunteers, donors, our mentor, and countless supporters.


<以下、翻訳です>
2017年11月2日、セバスチャンと私は1年間綿密にと計画を立てたジュネーブ・インターナショナルスクールでのチャリティコンサートを開催することができました。

コンサートの演目は伝統的なインド舞踊、ピアノ、歌、ヒップホップダンス、ギター、フルートとピアノのデュエット、バンドの11個。ステージ上ではキナバタンガン川周辺で見ることのできるボルネオの野生動物、ボルネオゾウやテングザル、ツノサイチョウ、カワセミなどの写真をスライドショーで上映しました。

15:40から18:30までは、学生から寄付された食べ物と飲み物を販売しました。また、Yuki Corporationというアメリカの会社が、80パックの寿司と41個のおにぎりの支援で私たちを応援してくれました。

今回のイベントだけで1029.10 スイスフランが集まりました。

– チケット:284 スイスフラン
– 寿司:339 スイスフラン
– 寄付金:103.30 スイスフラン
– フード&ドリンク:302.80 スイスフラン

自由に選べるカンバッジ付きのチケットを販売しました。教師、学生、両親を含む約50人の方々がプロジェクトとパフォーマーを支援してくれました。

計画段階では壁にぶつかることもありましたが、時間管理、組織管理、コミュニケーションスキルを学ぶことができました。このチャリティコンサートができたのも、15人のボランティア、メンターの方がた、たくさんの支援者のみなさんのおかげです。