お知らせ

元のんほいパーク公園長 瀧川直史氏が書籍を上梓


元のんほいパーク公園長 瀧川直史氏が『みんなここにおいでよ のんほいパーク公園長の徒然日誌』を上梓されました。

BCTJとともにボルネオ保全プロジェクトに取り組む豊橋総合動植物公園の元園長・公園長の瀧川直史さんがご自身の動物園での体験やボルネオ渡航の思い出などを本にされました。大学時代に詩や童話の創作活動をされていて、今回もたくさんの素敵な詩が収録されています。売り上げの一部はボルネオ保全トラスト・ジャパンの活動資金としてご寄付いただきます。

目次 *BOOKデータベースより
1 のんほいの住人たち(動物園ビギナーにお勧めミーアキャット;この空を ほか)
2 のんほいの四季(春告樹;大気の中で ほか)
3 ボルネオ保全活動(未来のために、決めたこと;ボルネオの森 ほか)
4 あなたへ(いのち;私だけが知っている物語 ほか)
特別編 童話 風の子

価格

1400円 *消費税・送料込

お申し込みはクレジットカード、銀行振込、ゆうちょ銀行払い込みのいずれかをご利用いただけます。

クレジットカード決済で購入する

下のボタンを押していただくとクレジットカード決済ページへ移行します。


書籍を買う

 

銀行振り込みまたはゆうちょ銀行からの払い込みで購入する

お手数ですが、以下のフォームに必要事項をご記入くださいませ。受領後に事務局からご連絡いたします。

著者紹介*BOOK著者紹介情報より
瀧川 直史
豊橋市生まれ。愛知県立時習館高校、明治大学文学部フランス文学科卒業。大学では詩と童話の創作を目指すが、やがて、山に傾倒。「木崎とおる」は当時のペンネーム。昭和60年豊橋市役所就職。平成25年文化課長として「穂の国とよはし芸術劇場」をプロデュース。平成27年事務長として豊橋総合動植物公園へ、以後園長、公園長を歴任。平成29年国内6園館によるボルネオ保全プロジェクトに事務局として参加。令和元年台北市立動物園と事業提携協定締結、ボルネオ井戸掘りプロジェクト開始。年間入園者96万人記録 歴代2位(平成26年は65万人)。令和2年世界動物園水族館協会(WAZA)加盟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください