ボルネオの生物多様性保全、自然環境保護の活動を通じて、人と動物が共に生きることのできる未来をつくる

吊り橋プロジェクト

オランウータンは水が嫌い

オランウータンは泳げません。豊かな食べ物や繁殖パートナーを求めて川の向こうに行きたくても、渡ることができません。以前は川を覆うような高い樹木があったのですが、森林伐採とプランテーションの開発によってそう言った木は失われててしまいました。

現地のNGO団体がキナバタンガン川の支流で両岸にロープを渡すなどの策を施しましたが、なかなか思うようにはうまくいきませんでした。

消防ホースの吊り橋は日本の動物園で生まれた

日本の動物園では廃棄された消防ホースを使ったオランウータンの遊具が作られています。これを知った現地のNGO関係者からオランウータン用の吊り橋を作る協力依頼がありました。

オランウータンの生態を熟知する日本の動物園関係者も協力し、とうとう2008年、キナバタンガン川支流のメナンゴール川に第1号の吊り橋が架けられました。

オランウータンが吊り橋を渡った

オランウータンは臆病な性格で、せっかくかけた吊り橋もなかなか使われませんでした。しかし、2010年2月にようやく吊り橋を渡ったところが撮影されました。

これまでに架けた吊り橋については、これまでに架けた吊り橋のページをご覧ください。オランウータンが吊り橋を渡った瞬間をとらえた貴重な写真はこちらです。

プロジェクトへのご支援について

いつも温かいご支援をありがとうございます。寄付金・ご支援金の報告については財務・決算・寄付金情報のページをご覧ください。

吊り橋を渡るテングザル

吊り橋プロジェクトによって架けられた吊り橋を、テングザルの群れが渡っている様子が撮影されました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+