ボルネオの生物多様性保全、自然環境保護の活動を通じて、人と動物が共に生きることのできる未来をつくる

ボルネオの生物多様性保全に関わるシンポジウム -緑の回廊の進展と重要性-

  • HOME »
  • ボルネオの生物多様性保全に関わるシンポジウム -緑の回廊の進展と重要性-

生物多様性シンポジウム

日 時  2014年11月13日(木)13:30 〜 16:30
会 場 国連大学本部 5階 エリザベス・ローズ会議場 地図
〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70*JR渋谷駅から徒歩10分もしくは地下鉄表参道駅出口B2から徒歩5分
*駐車場がありませんので、会場へは電車をご利用ください。
言 語  日本語・英語 *同時通訳あり
主 催  特定非営利活動法人 ボルネオ保全トラスト・ジャパン
協 賛  サラヤ株式会社 キリンビバレッジ株式会社 マレーシアパームオイル評議会
後 援  ボルネオ保全トラスト(マレーシア) サバ州野生生物局

参加申し込みフォームへ

シンポジウム プログラム

13:00 〜 13:30 開場・受付
13:30 〜 13:35 開会挨拶 
サラヤ株式会社社長 更家悠介氏
13:35 〜 14:00 基調講演
サバ州での生物多様性保全活動進展におけるBCTの実績
ボルネオ保全トラスト理事長 Tan Sri Bernard Giluk Dompok氏
14:00 〜 14:20 講演

FGVのボルネオの生物多様性保全支援における持続的手法
ポンティアン・プランテーション(Felda Gloval Ventures ホールディングス)グループCEO Denys Collin Munang氏

14:20 〜 14:40 講演

マレーシアにおける生物多様性保全活動でのパーム油業界の役割
マレーシアパームオイル評議会副会長 Kalyana Sundram氏

14:40 〜 15:00 講演

生息域内保全における民間セクターと学校の統合(旭山動物園の事例)
旭山動物園園長 兼 ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事 坂東元

15:00 〜 15:10 休憩
15:10 〜 16:10 パネルディスカッション

生物多様性保全活動における過去と未来 
パネリスト
・サバ州野生生物局局長 Laurentius N. Ambu氏
・サラヤ株式会社社長 更家悠介氏
・ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事長 坪内俊憲
・キリンビバレッジ株式会社首都圏地区本部市場開発部長 真田弘二氏

16:10 〜 16:25 質疑応答
16:25 〜 16:30 閉会挨拶

ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事長 坪内俊憲

シンポジウムモデレーター:毎日新聞デジタル報道センター編集委員 元村有希子氏

参加お申し込みについて

参加費

無料
*懇親会参加をご希望の場合には別途費用(一般:5000円 学生:3000円)が発生いたします。

下記参加申込フォームよりお申し込みください。 折り返し、メールにてご連絡致します。

参加申し込みフォームへ

 

お問い合わせ

特定非営利法人 ボルネオ保全トラスト・ジャパン シンポジウム運営事務局
TEL:03−3471−4966
Email:info@bctj.jp

*本ページに掲載されている内容および登壇者は予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

月例会のお知らせ

大阪@8月3日(水)
東京@未定
 

詳細はイベント情報ページでご確認ください。

緑の回廊プロジェクト
寄付金現在額(2016.5)

寄付金総収入: 71,401,035円
土地獲得支出:58,038,065 円
手持資金:13,362,970 円

恩返しプロジェクト
寄付金現在額(2016.3)

寄付金総収入:77,155,092円
総支出:70,383,985 円
手持資金:6,771,107円
Borneo Conservation Trust

この事業は「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」が推奨する事業として認定を受けています。

PAGETOP