0621jica広尾のJICA地球広場で、第2回『ボランティアデイ』をが開催されました。BCTJは講師・アシスタント養成講座を兼ねた環境教育クラフトワークショップ『パールで学ぶボルネオのくらし ~ボルネオ産淡水パールで作るアクセサリー』を行いました。

BCTJ理事による活動内容概要の説明、パームオイルのプランテーションに見る経済格差とそこでの野生動物と人間の問題についてのレクチャーの後、講師に八木沙代氏を迎えてボルネオ産淡水パールを使ったアクセサリー制作講習会が行われました。

少人数でのワークショップとなりましたが、「2時間では足りない、もっとやりたかった」という感想が多く聞かれたワークショップとなりました。

今回はパールアクセサリーだけでなく寄付の際に活躍するカンバッジを作る作業も体験していただきました。BCTJの理事によるカンバッジに使われている生物写真の解説も入り、楽しい時間となりました。