イベント

5/6 サステナブル・ラベルシンポジウム開催


持続可能な社会をつくる上では「責任のある消費」が必要ですが、ではそれをするにはどうすれば良いでしょうか。企業・NGO・教員・中高生と一緒に考えませんか?

詳細

タイトル

中高生によるサステナブル・ラベルシンポジウム~消費を変えて熱帯雨林の減少を食い止めよう!~

日時

2018年5月6日(日)13:00~18:00 ※途中参加・退席可

会場

JICA地球ひろば 162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内)[地図]

定員 | 対象

100名(先着順) | ご興味のある方ならどなたでもお越しください

参加費

無料

主催 | 共催 | 後援

ボルネオ保全学生グループ(SGBC) | 一般社団法人日本サステナブル・ラベル協会 | 独立行政法人国際協力機構、認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン、一般財団法人地球・人間環境フォーラム、一般社団法人Think the earth、NPO法人開発教育協会

申し込み

お申し込みフォームをお使いいただくか、Eメールでoffice(半角アットマーク)sgbc.jpまでご連絡ください。  

お問い合わせ

Eメールでボルネオ保全学生グループ事務局 関口伸一までお問い合わせください。

コンテンツ

「認証をもっと身近な存在に!」 企画者代表 黒田峻平(高2・SGBC中高生副代表)

2016年末にボルネオに渡航し、素晴らしい生物多様性を感じてきました。その一方でアブラヤシプランテーションの開発により生き物の住みかである熱帯雨林が減少していることを学び、危機感を感じました。

アブラヤシプランテーションは私達が「植物油脂」であるパーム油を利用するために開発されています。この現状に対して自分にできることを考えるようになりました。熱帯雨林の破壊は今も進行中の問題です。この問題に対し、環境へ配慮した持続可能なプランテーションに与えられるRSPOや、森林管理が持続可能であることを示すFSCという認証(サステナブル・ラベル)があります。

これらがついた商品を選ぶことで、熱帯雨林の持続性に貢献できます。しかし、認証はあまり身近ではありません。私たちは認証普及の必要性を感じ、本シンポジウムの企画に至りました。本シンポジウムを通して少しでも認証制度の理解や、消費活動の持つ意味、そして熱帯雨林の持続性につながれば幸いです。

第1部 認証とは何か?(13:00~15:00)

神奈川総合高校渡部楓氏の動機説明からはじまり、認証制度のしくみについて日本サステナブル・ラベル協会代表の山口真奈美氏、認知度について東京大学TSCP学生委員会代表の鬼頭健介氏、消費者教育について中高の家庭科教員の龍崎翼氏と学生団体Palmstream代表の樋山輝氏がわかりやすく話します。その後、認証制度の消費者への普及についてディスカッションします。

第2部 企業・NGOの取り組み(15:10~16:40)

企業アンケートをしている新宿山吹高校の渡邊和花氏、(株)SARAYA取締役の代島裕世氏や(株)味の素の太田史生氏、WWFの南明紀子氏、地球人間環境フォーラムの飯沼佐代子氏といった企業やNGOが「責任のある消費」についての取り組みについて話します。

第3部 パネルディスカッション(16:50~18:00)

「サステナブル・ラベルを普及するために消費者・企業は何ができるか?」と題し、認証の普及のためにできる行動を企業・NGOの方々と中高生が本気でディスカッションします。

facebookイベントページも合わせてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください