イベント

京都市動物園「野生動物学のすすめ」ブース出展

2019年4月13,14日に京都市動物園「野生動物学のすすめ」でブースを出展しました。

毎年恒例となった、京都市動物園「野生動物学のすすめ」でのBCTJブース。会員9名、大阪学院大学の有志ボランティア大学生14名のサポートもあり、桜の美しい中での賑やかなブースになりました。

動物園は親子連れやご家族でのお客様が多く、名物の「塗り絵缶バッチ」を作りながらみなさまに持続可能でないボルネオのパームオイルの現状と私たちの活動について伝えることができたように思います。この問題をここで初めて知ったという方も多く、まだまだ認知度が低い、子供を育てる立場の方にもっと知って欲しいと思いました。

大学生ボランティアさんたちの言葉は、若い方や子どもたちに良く届きます。こらからも、積極的に機会を作り、学生のみなさまのお力を借りたいです。ご参加お待ちしています!

最近のブースでは、会員の方が作ってくださるサポートグッズが充実しています。たとえば

紅型染Tシャツ、紅型染マレーグママスコット、米油を使った焼き菓子など、とても賑やかです。通販はしていませんので、ブースのみでの販売。大人気で、毎回売り切れ御免ですが、出会えたらラッキー。

BCTJのブース、ぜひのぞいてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください