お知らせ

クリステル・ヴィ・アンサンブル様から寄付

2018年4月17日に、一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル(以下、CVE)様から恩返しプロジェクトに向けて寄付をいただきました(写真:R Jewels Japan星社長、滝川クリステルさん、BCTJ事務局長青木)

CVEは2014年5月に滝川クリステルさんが立ち上げ、アニマル・ウェルフェアに則った犬猫の殺処分ゼロを目指す「プロジェクトゼロ」と、絶滅の危機に瀕した野生動物を救い生態系を守る「プロジェクトレッド」を進めています。

エシカルジュエリーを扱うR Jewels Japan様とのこのコラボでオランウータンとボルネオゾウをモチーフにしたチャリティアクセサリーを販売しており、経費を除いた売上から寄付を2016年から継続的にいただいています。

チャリティアクセサリーは伊勢丹オンラインショッピングサイトでお求めいただけます。

BCTJが活動するキナバタンガン川流域では森林伐採とアブラヤシプランテーションが増加した結果熱帯雨林が激減し、ボルネオゾウは生息場所を追いやられています。群れで川沿いの土地を移動しながら暮らすボルネオゾウにとって、プランテーションは障壁です。群れでなかに入り込んで若いアブラヤシを食べてしまうこともあり、農民には嫌われます。

プランテーションを避けて進めば、行く手に集落が集落があることも。最近、学校に迷い込んでしまったゾウのニュースがボルネオから世界に発信され、話題になりました。

映像:早朝の小学校で撮影されたボルネオゾウ

今回の寄付金は、こういった状況から保護され飼育されているボルネオゾウの子どもたちのミルク代としてサバ州野生生物局に寄付されます。ニュージーランドのロータリークラブと提携し、ゾウに適している粉ミルクを1トン支援する予定です。

煩雑な事務処理を行うため実際の送付までまだ少し時間がかかりますが、到着したらまたお伝えします。

コメントを残す

*